風味絶佳美味なるものを求めて永田野菜作りに挑戦する一女性のブログ

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
最初の準備 20:29
計画表もばっちりとたてたところで、いよいよ実地。
・・・の前にお買い物です。
植木はち、プランターはあるものを使うとして、その他にも色々必要なものが。
dvdセットには液体肥料はついているので、それは必要ありませんが

・日向土
・不織布
・かご
・目土
・種

などなど必要です。
とくに種はないとね〜(笑)
まず日向土はネットで購入。重いもの、かさばるものはネットで買ったほうが玄関まで配達してもらえるので便利です。如雨露もネットで購入。いままでヤカンで代用していたのですが、肥料を混ぜるとなるとかわねば。種やかごはホームセンターへ。これはこっちのほうが安い(笑)

3月の植付け予定によると、小松菜、リーフレタス、春菊がうえ時。
その分の種を買い、日よけ用に寒れいしゃをかい、ちゃくちゃくとものがそろって参りました。
不織布が見つからなかったのでそれをさがして、土が届けばいよいよ種まきです。

楽しみ〜♪
| お勉強 | comments(0) | - | posted by 瑞記
作付け計画 16:42
「おいしさのつくり方」を読んで実感したのが野菜作りにはきちんとした計画も必要だ、ということ。

dvdではひとつひとつの野菜の作り方をきっちりと画像でみせてくれますがそれが役に立つのはどこに何を植えるかきめてからのこと。その前にどのプランターに何を植える、ということをきちんと考えておかないと狭いベランダでは収集がつかないのです。うかれてプランターを買って種をまいたはいいけれど、洗濯物を干す場所がなくなった、などという事態は避けたい。

ベランダ、現在の状況は
・650がたプランター3個(ハーブがぼちぼち)
・火鉢ひとつ(都忘れ3株)
・クーラー室外機の上に細長い植木はち3つ(モッコウバラ、ストック、ナデシコ)
・空いている植木はちや土、農薬などを置いている3段棚(幅60センチ、奥行き30センチ、高さ30センチ)
・ゴミ箱

ここに投入可能なはち・・プランターをもうひとつと30センチ丸ばちふたつ、棚の上に平箱ふたつ・・といったところでしょうか?

*私の植えたいもの*
ミニトマト、インゲン、ブロッコリー、リーフレタス、コマツナ、ネギ、バジル、カモミール、できればズッキーニ。

ミニトマトもブロッコリーもけっこう背が高くなるので丸はち要。
インゲンはつるなし品種があるらしいのでそれで作るとして、カモミール・・
結構背が高いですね。これは団地の空き地を使って・・・ゴニョゴニョ。
バジルとねぎは今植わっているローズマリーとミントの隙間に植えよう、で、葉っぱものは棚の上の平はこに・・・オッケーオッケー♪

ズッキーニは・・・うーん、実家の庭にむりやり植えるしかないかしら?保留。
菜園が借りられたら、トマトやたまねぎも育ててみたい。

植えられるもののめどがついたところで、野菜ノートに転記。
植える時期と収穫の時期を3色ボールペンでそれぞれ色分け。
おお〜、全体像がだいぶ見えてきましたねv

足りないもの、必要なものを買って、さあ、野菜作り開始です!
| お勉強 | comments(0) | - | posted by 瑞記
DVDセット到着 21:59
待ちに待ったDVD到着。
かわいい野菜模様のダンボール箱に丁寧に梱包されております。
開けるまえからうきうきしますねえ♪

内容は、10巻組みのDVD,菜園手じょう(作付け表やお野菜を使った料理のレシピなど)「おいしさのつくり方」(永田農法を実践されたNHKプロデューサーの熱い野菜作り本)液肥2本(実もの用、葉もの用)。私はコンプリートセットを購入したので以上のものが入っています。ここから始まるんですねえ、わくわく。

早速「おいしさのつくり方」を読んだのですが、いやーこの本、マジッすよ。私は「どーせちゃらちゃらした業界人がちょっと農業に触れてその気になって書いたなんちゃって本」だろう、位にしか思ってなかったのですが、まず裏表紙の著者近影をみて驚きました。トマトを懸命に収穫している姿なのですが
目がマジです。怖いくらいの気合を感じます。内容も濃かった。永田農法での野菜の作り方はもちろん、その出会い、家庭菜園を借りるまでの経い、永田農法を知ったときに感じるであろう疑問への回答、家庭菜園の喜び・・などなどみっちりとかかれていて、仕事の宣伝に野菜作りをはじめたのではなく、もともと野菜作りを趣味としていた人が永田農法にチャレンジしたようなのです。
内容はマニアックすぎず、挿入されているエピソードは生き生きしています。(とうもろこしを食べるアナグマを追っ払うために夜中の二時に畑に爆竹鳴らしに行った話は抱腹絶倒)
ここまで畑仕事を趣味として愛している人がいるのならば、畑仕事はよっぽど魅力的に違いない、と信ずるに足る一冊でした。とめどなく意欲がわいてきます。

さあ、明日からは本格的にDVDをみて、計画を立てたいと思います
| お勉強 | comments(0) | - | posted by 瑞記
| 1/1 |
無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.